• Yu

空に希望を奏でるの由来・ 空写真家「空望由」として

最終更新: 2018年6月8日


私が空の写真を撮り続ける理由と「空望由&桜希奏」の由来を書きます。

読み方は「そらのゆう」「さくらきかな」です。



空が好きで空を撮り続けるのは、私が嫌なことがあった時、落ち込んでいた時、寂しくて誰もいなくてどうしようもなかった時、いつも空を眺めていたから。 何かあった時、小さい頃から、私は空を眺めていました。 空は誰にでも平等で大きくて優しく、私を受け止めてくれました。

だから、いつだって空は、私にとって、希望や自由や夢の象徴なのです。 いつもどの時代も、空は私を人を勇気づけることができるし、私には生きる希望をくれました。 空を眺めては、家に帰ることを忘れたりしたし、泣いていても空を眺めることで癒されました。だからこそ、私はこれからも空の写真を撮り続けるし、空の写真で今悩んだり行きづまっている方に希望を届けていきます。


「空・希望・自由・桜・奏でる」 空と自由は私をイメージする漢字 桜と奏でるは娘をイメージする漢字

桜は名前から一字、奏でるは音楽が好きだから。 2人合わせて「空に希望を奏でる」になりました。 私にとって家族は宝物、娘は私をいつも助けてくれるから、私と娘の2人の名前を一緒に考えました。 家族写真家として今後も家族を撮り続け、たくさんの家族の思い出を形に残していきます。

そして、空写真家としての活動もしていきます。

空の写真の創作・個展・そして、いつか写真集にしたいなって思っています。

0回の閲覧

Copyright (C) 出張撮影専門フォトグラファーLIFE. All Rights Reserved.