​わたしについて

私は小さい頃から自分の意志が強く、大人に対しても自分の意見は言う子供でした。

保育園時代も小学時代も、周りに流されるのが苦手だったので、大人からはいつも「協調性がない」と怒られていました。小学時代は先生に目を付けられ、中学時代は同級生にいじめられました。団体行動が苦手で、変わり者だった私が高校で放送部に入部し、先輩にカメラの腕を褒められた時、生涯の仕事にしようと決めました。ただ、小さい頃から怒られてばかりだった当時の私は、初対面の知らない人とコミュニケーションを取ることはできないと考え、報道の道を目指そうと思いました。そこからはアルバイト生活、高校時代はスーパーの品出しや倉庫の仕分けでお金を貯めてカメラを買いました。

大学には新聞奨学生になって進学。でも、仕事内容よりも過酷だった環境に耐えられなくなり、2年で新聞配達を辞めてしまい、そんな中「報道カメラマンは向いていないかもしれない」と考えるようになりました。カメラマンになるにはコミュニケーションスキルが必須だと思い、接客業で自分を鍛えることにしました。結婚式場のカメラマン、駅弁の売り子、居酒屋の店員、スーパーの店員、とにかく色々なアルバイトを経験しました。当初は、知らないお客様に「いらっしゃいませ」と絶対言えない!と思っていたけれど、アルバイトで徐々に克服していきました。

今ではそのような面影が全くないほど、誰にでも話しかけられるようになりました。そうでなかったら、ブライダルフォトグラファーも勤まらなかっただろうし、大学時代のアルバイトは本当になくてはならない貴重な経験でした。

 

この先、結婚式の撮影もずっと続けていきたいなぁと思っています。
とても気を遣う撮影であるし、長い時間重たい機材を持っていて、体力勝負な面が多々あるので、正直何歳までできるかは分かりません。・・・が、カメラもミラーレスになり性能が良くなり、どんどん軽量化しているので、細く長く携わっていきたいです。

大学時代のアルバイトで初めてお金をいただいた撮影が結婚式でした。就職して会社員としてブライダルフォトグラファーになり、自身が結婚してからはカメラの仕事を離れてしまった時期もありましたが・・・結婚式は幾度となく撮ってきても、何度その場に立ちあっても、そこにあるドラマに感動して、いつも感情移入をしてしまいます。時に一緒に泣き、時に一緒に笑い・・・だから辞められないのかもしれないです。

こんな私はクールビューティーを目指していて、カッコいい、仕事のできる女性カメラマンになりたい!!​・・・のですが、実際は、カメラバックにぐんまちゃんのマスコットを付けていたり、可愛いもの好きでキャラクターのぬいぐるみをいっぱい持っていたり、すぐに感動して泣いてしまうタイプなので、全然クールビューティーにはなれていません(笑)
見た目だけでも!と、白のシャツに黒のスキニーパンツで、細いフレームの眼鏡をかけています。中身はクールじゃない分、見た目で補えていると思っていますが、そう見えてなかったらぜひぜひ教えてくださいね^^

家族の歴史を繋いでいくことを使命として、生涯カメラを持ち続けていけたら幸せだなぁと思っています。

この先もたくさんの出逢いがあると嬉しいです。​皆さまにお会いできるのを楽しみにしています^^